2021年11月15日

GVIDO 販売終了

電子楽譜の最高峰 GVIDO(グイド)。

いつかは欲しい憧れの製品だったのですが、先ほどホームページを見たら販売終了のお知らせが掲載されていました。


電子ぺーパー界で富士通のQUADERNOに新型が出たり、画面がカラーの端末が登場したりという中で、「そろそろQUADERNOも新型が出てるかもな(あわよくば手ごろ値段で)」と思っていたところ、残念です。



ホームページのNEWSを見ると、

2021.02.06 GVIDO Score Store閉鎖のお知らせ
2021.05.17 GVIDO 端末の「割賦販売」終了のお知らせ
2021.05.31 2画面電子ぺーパー端末「GVIDO」のロシアへの配送中止に関して
2021.10.29 販売終了のお知らせ


というように、半年ほど前から兆候はあったようです。



電子楽譜では iPad PRO が人気だと思いますが、GVIDO は電子ぺーパーなのが最大の特徴です。
電子ぺーパーは液晶画面とは違って画面自体は光らず、紙と一緒で周囲の光の反射によって読めるものです。そのため眼に優しいと言われています。そして、基本的に画面の切り替えの瞬間しか電池を消費しないため、電池の持ちが非常に良いです。

・2画面で見開きの楽譜を表示できる
・フットペダルによる譜めくりに対応している

という2つを満たしており、唯一実用レベルで演奏会で使える電子ぺーパーだと思います。



今後、GVIDO に匹敵するクオリティの商品は現れるのでしょうか。
posted by 音楽好き at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189137274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
音楽好きの日記」の先頭へ